マニュアル


ウェブサーバー設定について

ウェブサーバー設定では、公開サイトの挙動設定ができます。

 

機能箇所 アカウント設定 > ドメイン別の設定 > ウェブサーバー設定

各機能の説明

HTTPS設定

HTTPS(SSL)の設定・解除を予約します。HTTPS設定はサイトが閲覧可能な状態であることが必須です。サイトが閲覧できない場合は、ドメイン側の設定でネームサーバーを設定して下さい。通常は予約後、10分~30分程度で設定が完了します。ドメインのネームサーバー設定直後に予約した場合、半日~2日程度の時間がかかる場合があります。

機能箇所 ドメイン別の設定 > HTTPS設定

HTTPSリダイレクト

HTTPからHTTPSに自動リダイレクトします。本設定を行うには「HTTPS設定」が完了している必要があります。

機能箇所 ウェブサーバー設定 > HTTPSリダイレクト

エラーページ

ウェブエラー時のページのパスを指定し、独自エラーページを表示することができます。

機能箇所 ウェブサーバー設定 > エラーページ

 

401エラー 認証エラー時
403エラー 閲覧禁止
404エラー ページが見つからない
500エラー プログラムのエラー発生時

パス値渡し

WordPressにてパーマリンクURLを利用する場合、有効にする必要があります(デフォルト:有効)。

機能箇所 ウェブサーバー設定 > パス値渡し

 

詳細説明
Nginxからパス情報をphpに渡します。内部設定:try_files $uri $uri/ /index.php?$args;

ユーザー設定

Nginxユーザー設定」では、Nginx設定文法を用いてウェブサーバー設定が行えます。(参考:Nginxディレクティブ)

機能箇所 ウェブサーバー設定 > Nginxユーザー設定

 

設定例
・サイト内でリダイレクト設定を行う
・外部サイトへのリダイレクト設定を行う
・301,302のリダイレクト設定を行う
・IP制限(拒否・許可)を行う
・特定パスを閲覧不可にする
・Basic認証を設定する

マニュアル一覧に戻る